留学体験記STUDY ABROAD

ジャクソンビル大学/留学体験談 3年 高橋 佑奈(留学期間:2018年8月~2019年5月)

×

留学先のジャクソンビル大学では幅広い分野の科目から自分の好きな科目を学べます。私は、興味のある「フードロス」について学ぶために Sustainability に関する授業を選択し、自然環境に関する知識を習得すると同時に、少人数クラス(15~20人規模 ) のディスカッションなどで身近な環境問題について学びました。授業では、母国の日本を外からの視点で考える機会が与えられ、特に日本の膨大なクロマグロ漁獲量が地球環境に大きな影響を与えていることについて学んだ時、自分が今まで何も考えずに食べていたことが、日本の外からは大きく問題視されていたことに初めて気づきました。授業で答えの無い問題についてディスカッションを重ね、自分とは違う意見を受け止めたり、掘り下げたりすることで、発言に対する不安が減り、思考力に加えて、発想力や、対話力も身につけることができました。

×

また、この授業での学びを踏まえ、地元のビーチで開催されるゴミ拾い活動にも参加しました。また、留学生が集まるInternational Student Associationという団体に所属し、様々なイベントの中の、Cultural Festival という学生たちが自身の国の文化を紹介し合う企画で、私は日本人としてソーラン節の踊りを披露したところ、たくさんの人が日本の伝統的な踊りに興味を持ってくれました。留学において「留学先で自分は何をして何を得たいのか」という明確な目標をもって失敗を恐れずに行動することが、「なりたい自分」になるために大事なことだと思いました。

※学年・内容は取材時点のものです。